読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー主婦の非定型歯痛・仮面うつ病ブログ

原因不明の様々な体調不良に襲われ、心療内科に通院。歯も痛い。あちこち体にガタがきています(涙)

うつ回復の波~うつ病にならないための意識改革

うつ病は薬を飲んだからといって、階段を上るように回復しません。いい時もあれば、悪い時もある。

最初はこの波にいつも振り回されていました。

治ったかも!と思った翌日は体調が悪い。

すぐに回復すればいいけれど、悪い時が長く続くと

(やっぱり治らないんだ)と落ち込む、焦る。

 

 仮面うつ病の時、漢方薬を何度も変えました。初めの2日くらいは体調が良くなるけれど、その後体調が悪くなると、「これは効かなかった」と思い込んでしまう。

焦る、落ち込む、悲観的になる・・・で体調がより悪くなっていました。

焦らずに、体調の回復を待つ強さが私にあれば、抗うつ剤をこんなにも飲まずに済んだかもしれません。

 

鍼灸院の先生に言われた言葉が印象的でした。

回復には波があって、一直線には回復しない。悪い時いい時を何度も繰り返して、だんだんそのグラフが上昇していく。

今現在も、リフレックスの減薬のために体調が安定しません。

ただ、ずっと悪い日ばかりではありません。

悪い日があっても、また良くなることを信じています。

体調の悪さに心を支配されないように。

f:id:umejinntann:20170223161120j:image

 

 

ブログを続ける励みになります。 

以下のバナーをクリックいただけるととてもうれしいです。よろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ

退院後の経過〜うつ発病19ヶ月

訪問いただきましてありがとうございます。
このブログは過去を振り返りつつ書いています。
仮面うつ病回復後、今度は非定型歯痛になりました。
抗うつ剤の副作用(便秘)により、憩室炎になりました。


治療の副作用(吐き気)に早速音を上げ、病院にて違う薬を処方してもらいました。
ネットで、同じ病気の人のブログを見ても抗生物質の副作用がひどく出てる人はまれでした。

変えてもらった薬で、吐き気はずいぶんマシになり安心しました。実は他にも歯ぐきの出血、歯が浮いたような感じが上下すべての歯(!)であったのですが、
それを先生に相談しても、
「そんな副作用は聞いたことありません」
とばっさり。
果たしてこれは、ストレスからくるものだったのか謎ですが、一週間ほどで落ちつきました。


また、この一週間の食事はおかゆ、プリン、ヨーグルトなどでおかげで3キロほど体重が減りました。
リフレックスのせいで体重増加で悩んでいたので嬉しかったです。
(そのご1ヵ月で元通りですが)

憩室炎は1週間ほど絶食される方が多いようですが、私は病状が軽かったようです。
絶食は3日ほど。10日後に歯は通常食の許可が下りました。

憩室炎にならないために、とにかく便秘に気を付けるようにと指示をされました。
便秘の原因であった抗うつ剤サインバルタはすぐにやめました。
特に離脱症状はありません。
リフレックス抗不安薬ワイパックスの服用は続けました。
退院後、吐き気からくる不安、焦燥感にワイパックスが効いていたような気がします。

憩室炎発症から1年4か月。
今のところ再発はありません。
ただ、少しでも腹痛があるとビクビクします。
便秘に対して神経質になり、1日でもお通じがないとすぐに便秘薬を飲んでしまいます。

憩室炎を経験して腸によいことを色々と考えるようになりました。

ブログを続ける励みになります。 

以下のバナーをクリックいただけるととてもうれしいです。よろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ

抗生物質の副作用に苦しむ~うつ発病19か月

訪問いただきましてありがとうございます。

このブログは過去を振り返りつつ書いています。

仮面うつ病回復後、今度は非定型歯痛になりました。

おまけに抗うつ剤の副作用の便秘が引き金となり憩室炎にて入院しました。

 

入院二日目に退院しました。

発熱はないし、腹痛もずいぶんよくなりました。

こんなに早く回復するなんて、ラッキ~と浮かれていたのですが、そんなにうまくいくわけはないのです。

 

問題は自宅療養のために渡された薬(抗生物質2種)でした。

1週間かならず飲み切るようにと大量の薬を処方されたのですが、そのうちの一つがものすごい吐気を引き起こすのです。(副作用)

飲まなければならない、1週間がまんすればいいんだ、と思うのですがもう、襲ってくる吐き気が恐怖で薬を飲むのが苦痛で苦痛で。

しかも錠剤が恐ろしく大きい!

私は昔、リンゴを喉に詰まらせて苦しんだ経験があり、薬を飲むのが昔から苦手です。

 

入院中の点滴の薬は吐き気はなかったのに。

 

退院して3日目。

吐き気が襲ってくると同時に過呼吸のような症状が現れました。

呼吸が浅くなり、パニックになり、手がしびれてきて力が入らなくなりました。

本当に恐ろしかったです。こんな薬、飲んで大丈夫なの??

 

今思うと、以前うつ病で苦しめられた吐き気の症状に体が過剰反応してパニック状態になったのだと思うのですが、

もう、こんな薬のめない!!

と受け付けなくなってしまいました。

「病気を治すためなんだから、あと四日なんだから。頑張ってのみなよ。」

と主人に励まされるのですが、

「嫌だ、もう絶対無理!!」

翌日、病院に駆け込んで別の抗生物質を処方してもらうことになりました。

 

 

ブログを続ける励みになります。 

以下のバナーをクリックいただけるととてもうれしいです。よろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ

入院って高い!~うつ発病19か月

訪問いただきましてありがとうございます。

このブログは過去を振り返りつつ書いています。

仮面うつ病回復後、今度は非定型歯痛になりました。

 

入院の翌日、血液検査の数値も下がっており、痛みもずいぶん軽くなったので無事に退院できることになりました。

この病気(憩室炎)調べてみると入院の場合、期間は1週間前後が多いようですが私は1泊2日での退院となります。

「今日退院されますか?。」

「是非お願いします。」

意気揚々と答える私に

「入院生活よっぽどつらかったですか?」

と先生に苦笑いされてしまいました。

 

食事の楽しみはないし、暇だし、家では子供が待っているしでのんびり入院療養できません。

何より、入院費用がちょっと心配だったのです。

まあ、1日5000円だけど保険が下りるから、プラマイゼロではないかと思っていたのですが。

請求書が来て目玉がとび出ました。

29000円!!

 

え、ちょっと待って。

1泊二日、

食事なし

点滴(抗生物質、栄養剤)

風呂なし

血液検査

ほぼ素泊まりのこのメニューで29000円って!!

 

入院するんじゃなかった・・・・・。

入院前の問診で、自宅療養でもと言われていたのに。。

 

 1週間分の抗生物質を処方してもらい、意気消沈で病院を後にしました。

ちなみに、食事の許可もおりました。(消化の良いもの) 

 入院って高いんだなあ・・・・。

 

ブログを続ける励みになります。 

以下のバナーをクリックいただけるととてもうれしいです。よろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ

痛みは本物(憩室炎)~うつ発病19か月

訪問いただきましてありがとうございます。

このブログは過去を振り返りつつ書いています。

仮面うつ病回復後、今度は非定型歯痛になりました。

 

 検査の結果、憩室炎 でした。

憩室とは、大腸の一部が外へ袋状に飛び出したものです。

そこへ便がつまって炎症が起きているということでした。

腹痛の他、発熱、血便が出るそうです。

ひどい場合は憩室が破れ、手術が必要な場合があるとか。

 

とにもかくにも、原因があるということに安堵しました。

 原因があるということは治療法があるのです。

「今日から絶食です。」

「入院して抗生物質を投与します。」

大腸を休めるために、食べ物を体に入れないことが治療法でした。

 

病院の検査が長引くと思ってつい先ほど病院のコンビニで蒸しパンを食べたばかりだとは先生に言えませんでした。

 

とりあえず入院準備もあったので入院は翌日からにしてもらいました。

入院・・・。

出産以外で入院なんて初めてです。

ずっと無駄だと思っていた医療保険がついに役に立つ。

 

その日の夜、処方された2種類の抗生物質を飲みました。

吐き気、発熱、腹痛。特に吐き気が強く出て夜中苦しみました。

 吐き気は恐怖です。仮面鬱の時、一番苦しんだ症状。

 後になってこの吐き気は薬の副作用だと気づいたのですが、その時は憩室炎のせいだと思っていました。

入院当日は腹痛がだいぶ治まっており、入院後の診察で

「ずいぶんよくなってるみたいですね。自宅療養でもよいかもしれませんね。」と言われました。

点滴のほうが治癒が早そうなので、せっかくだから一泊することにしましたが、入院中は本当に暇でした。

食事ももちろんありませんから、楽しみは全くなし。

私の栄養は点滴のみです。

明日は絶対に家に帰ろうと思いました。

 

それにしても、非定型歯痛の治療のための薬(サインバルタ)が新たな病気を引き起こしてしまうなんて。

サインバルタは服用をあきらめなくてはなりません。

入院中、腹痛に気をとられてか歯の痛みを感じる事はありませんでした。

 

 

ブログを続ける励みになります。 

以下のバナーをクリックいただけるととてもうれしいです。よろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ

痛みが本物でありますように~うつ発病19か月

訪問いただきましてありがとうございます。

このブログは過去を振り返りつつ書いています。

仮面うつ病回復後、今度は非定型歯痛になりました。

 

サインバルタを飲み始めてからひどい便秘になりました。

ただでさえ、リフレックスの副作用で脂肪をため込んでいるというのに、ゴミ(排泄物)まで貯めるなんて許せません。

先生に相談して、マグラックスを処方していただきました。

ただ、効果はあまりなく。

サインバルタを飲み始めて2週間後。右脇腹に違和感を感じました。チクチクとピンポイントで痛みます。

初めのほうは筋肉痛のような痛みでした。

スポーツクラブで腹筋頑張ったからかな、とあまり気にしていなかったのですが、2日後には吐き気を伴う痛みになりました。

3日目。歩くのも響いて痛い。

押すと痛い。

これは 本物の痛みでは・・・・。

 

 仮面うつ病、非定型歯痛の経験から、私は自分自身の体調不良に自信を持てません。

うつ病は原因のわからない体の不調を作り出します。

私の脳は歯痛まで作り出すおそるべき力があるのです。

この腹痛は私の脳のせいなのか。

いや、でもこれホントに痛い。

押して痛いんだから本物じゃないの?

 

 右脇腹、痛み、歩くと痛い でやっぱりネット検索し、色々な病気の可能性に恐れながら、病院に行くことにしました。

問診票に現在かかっている病院、病名の記載がありましたが、そこに 心因性疼痛(非定型歯痛)と書くのがとても嫌でした。

この腹痛も心因性だと思われたらどうしよう、と考えていたのです。

 

 私の心配をよそに、内科の先生は腹痛の場所を確認して、盲腸ではないかと言いました。盲腸なら即手術です。

すぐに血液検査、CT検査をすることになりました。

 

盲腸であってほしい。

原因不明のいたみじゃありませんように!

 

私の心はそれだけでした。

 

ブログを続ける励みになります。 

以下のバナーをクリックいただけるととてもうれしいです。よろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ

情報過多はストレス~うつ病にならないための意識改革

訪問いただきましてありがとうございます。

このブログは過去を振り返りつつ書いています。

仮面うつ病回復後、今度は非定型歯痛になりました。

 

体調が悪くなると、私はすぐにネット検索をします。

うつ病発症時、辛かった吐き気を毎日ネット検索していました。

吐き気 原因

クリックひとつでさまざまな情報が飛び込んできます。

それをみながら、こうじゃないか、ああじゃないかと医者に掛かる前に勉強してしまうのです。

いざ病院に行って胃カメラをし所見はないと言われても、今度は

胃カメラ 見落とし

胃カメラ 所見なし 体調不良

で調べてしまいます。

 

抗うつ剤を処方されれば、やはり検索。

私は 飲んだら効いた というプラスの情報が欲しいのに、副作用や効果を疑うもの、離脱症状のマイナス情報までが大量に流れ込んでくる。

せっかく効いたかもと思っても、この薬で大丈夫?とまた不安になってくる。

 

 ページをクリックしてもどんどん次のページが現れる。

うつ病になってからどれだけの時間をネットに費やしてきたでしょう。

確かに役にたったものもあります。経験者の話に救われたこともあります。

けれど、明らかに情報過多です。

新しい病名がでてくると、どんどん枝分かれして調べることが増えていくのです。

 

 ある程度治療方針が決まったら、しばらくそれを信じてみる。

 ネットに自分の大事な人生(時間)を奪われないようにしたいです。

f:id:umejinntann:20170204194749j:image

以下のバナーをクリックいただけるととてもうれしいです。↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ