読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー主婦の非定型歯痛・仮面うつ病ブログ

原因不明の様々な体調不良に襲われ、心療内科に通院。歯も痛い。あちこち体にガタがきています(涙)

そういえば親不知抜歯の時に~うつ発病14ヵ月と1日

歯の問題

先生から大学病院に行ってみないかと言われました。

ペインクリニック・・・思い出したことがあります。

 

以前親知らずを抜いてもらった時のことです。

下の親知らずでした。

抜歯の前にインフォームドコンセント?で書類にサインをしなければいけませんでした。

「下の親知らずはあごの神経と近いため、神経に触れてしまったり傷つけた際に、痛みやしびれが残る場合があります」

 

この一文が恐ろしくてしょうがなかったです。

「もし、痛みが出てしまったらどうなるんですか?」

恐る恐る先生に聞いてみると、

「かなり低い確率ですけどね。半年くらい痛みが続くときもあります。そういった方にはペインクリニックを紹介しています。神経ブロックといった治療をしています。」

神経ブロックとは、簡単に言えば局所麻酔とのことです。

 

 痛みが残ったらどうしよう、しびれが出たらどうしよう。

 

 無事に抜歯は終わりましたが、痛みが残らないか気が気じゃありませんでした。2週間くらい痛みがあったと思うのですが、毎日神様に祈る日々でした。

この時もたしかネットで

親知らず 抜歯後 痛み ひかない と検索ワードを入れて検索する日々でした。

 情報を取り込みすぎて、勝手に不安を増悪させてしまう癖が私にはあります。

 

 左上6番の話にもどります。

 大学病院を紹介され、大事になってきたことにショックを受けてしまいました。(歯の治療をすれば治ると信じていたのです)

 

仮面うつ病の時もそうでしたが、原因不明と言われるのが一番つらいのです。

 

 あと少し様子を見て、紹介状作成をお願いすることにしました。

 

 

ブログを書く勇気をもらえます。

以下のバナーをクリックいただけるととてもうれしいです。↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ