読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー主婦の非定型歯痛・仮面うつ病ブログ

原因不明の様々な体調不良に襲われ、心療内科に通院。歯も痛い。あちこち体にガタがきています(涙)

身体症状症~NHKドクターGを見ました

ドクターGという番組(NHK)を見ました。

身体症状症についてでした。

体に器質的な原因はないのに、不快な症状が体の様々な場所に起こる病気だそうです。

以前は身体表現性障害と呼ばれていました。

私は自分の病気を仮面うつ病だと書いていますが、多分同じことなんだと思います。

 

症状が出る

気になってネットで調べる

症状が悪化し、病院受診するも原因不明

不安増幅、症状ますます悪化

ドクターショッピング

 

 原因不明と言われることが一番不安なのです。

 

 私がかかった内科、転院前のかかりつけの歯科は、私が何度も同じ症状を訴えるにつれ、めんどくさそうな態度が感じられました。

治療をするべき対象が無いのだから当然だと思います。

。でも、私は見放されてしまったと落ち込み症状はますます悪化をしました。

 

 心療内科では、当然ですが同じ訴えを毎度聞いてくれ(軽く聞き流して?)くれます。

もう薬は処方してもらっていないのですが、

「そういう(体調が悪い)時もあるよ。」

と励ましてもらえるとちょっと心が軽くなります。

 また、今かかっている歯科の先生は原因不明の痛みを理解して、根気よく私の話を聞いてくださいます。

話を聞いていただけること、受け入れてくれることが今の私にはとてもあり難いのです。

 

そして、体に原因がない以上、治療は自分自身との対話(ストレスをみつけて対処する、開き直る)だったり抗うつ剤治療だったりします。

抗うつ剤は根本的な解決にはつながらないと思うので、何とか自分自身で日々のストレスを解消していくしかないと思っています。

 

ブログを続ける励みになります。 

以下のバナーをクリックいただけるととてもうれしいです。よろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ

 

減薬経過2016年7月~うつ発病27か月

訪問いただきましてありがとうございます。

このブログは過去を振り返りつつ書いています。

仮面うつ病回復後、今度は非定型歯痛になりました。

抗うつ剤リフレックス断薬に向けての日々を綴ります。

 

 2016年7月の減薬経過です。

先月が順調だったので、再び薬の量を減らしました。

 リフレックス 2錠→1.5錠

 ワイパックス 1錠(変わらず)

 

7月は仕事の日数が多くとても忙しかったです。

 繁盛期のため仕事の時間も長くなり、帰りは7時過ぎ。

 わが子はマルチアレルギーのため、レトルト食品に頼ることができず、夏休みに入りお昼のお弁当、夕飯を朝仕込むことがとても大変でした。

フルタイムで働く方達はホントすごいと思います。

 

 とても忙しい日々でしたが痛みが強くなることはありませんでした。やることは沢山で毎日頭がフル回転で、一日乗り切れると

わたし、頑張った~~~!!

と充実感がいっぱい。

単純です。

 

思いのほか減薬が順調だったので、

もう、あっという間に減薬できるんじゃ?

とせっかちな性格が出てきてしまいました。

・・・・その後かなり後悔することになりますが

 

ブログを続ける励みになります。 

以下のバナーをクリックいただけるととてもうれしいです。よろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ

 

減薬経過2016年6月~うつ発病26か月

訪問いただきましてありがとうございます。このブログは過去を振り返りつつ書いています。

仮面うつ病回復後、非定型歯痛になり抗うつ剤抗不安薬を飲みました。断薬に向けての日々を綴ります。

 

2016年6月の記録です。

リフレックス2.5錠→2錠減薬

ワイパックス1錠(0.5mg)

リフレックスを再び減薬しました。

 

痛みに特に変化はありません。順調に減薬できてうれしかったです。

体調が好転した理由を自分なりに分析してみました。

・役員の仕事から解放された

・週1,2日だけだが仕事を始めた

仕事が思いのほか気分転換になりました。

 

本当はワイパックスも減らさないといけないのですが、減薬は1種類ずつがよいと先生に言われていたので、とりあえず体重増加の元凶であるリフレックスを減らすことに必死になっていました。

ただ、3錠から2錠になっても体重に全く変化はありません。

(元の体重+7キロ)

もちろんジムにも通っています。

もしかして、ジムに通っていることでよりご飯が進んでいるのでは・・と不安になる事があるのでが、

運動しなければもっとハイペースで増えていたはず!

と自分に言い聞かせとりあえず現状維持を目標に日々を過ごすことにしました。

 

 

 

減薬経過2016年5月~うつ発病25か月

訪問いただきましてありがとうございます。

このブログは過去を振り返りつつ書いています。

仮面うつ病回復後、非定型歯痛になり抗うつ剤抗不安薬を飲みました。断薬に向けての日々を綴ります。

 

 

抗不安薬1錠、リフレックス3錠からの減薬です。

減薬を決めたのは3つ理由があります。

一つは、痛みを流せる力ができたこと。

やはり時々痛みを感じるのですが、ある意味あきらめられるようになりました。

完全な完治とは言えないかもしれませんが、日常生活に全く影響はありません。

もう一つは抗不安薬に関してマイナス情報をたくさん仕入れてしまったこと。不安感に押しつぶされそうになった時、何度か助けてもらいましたが、薬に対する不信感のほうが強くなってしまいました。

次に、これがある意味最大の理由なのですがリフレックスの副作用(体重増加)に対するストレスです。元の体重+7キロ

リフレックスのこの副作用さえなければ、ずっと飲んでいたかもしれません。

 

とりあえず抗不安薬はそのままで、リフレックスを半錠減らしました 3錠→2.5錠

特に痛みが悪化することなく、1か月間過ごすことができました。

 

 

ブログを続ける励みになります。 

以下のバナーをクリックいただけるととてもうれしいです。よろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ

 

悩みは後回しにする~うつ病にならないための意識改革

子どものことを悩みだすときりがありません。

受験だいじょうぶか。

友達と上手くやれるか。

健康に育つか(経過観察中の病状あり)

等々

 

 子供がつまずかないよう、手をかけ過ぎているかもしれません。

 子どものことに限らず、私は、まだ起こってもいないことをあれこれ心配して延々考え続けるくせがあります。

 

 ですが、子どもは日々成長します。同じところに留まっていません。今の子どもの状態を見て将来に不安を覚えるのは無駄だと思いました。 未来は誰にもわからない。

心配事が起こってから悩めばよい

とある本の一文ですがとても心に残っています。

 

f:id:umejinntann:20170404202150j:image

 

ブログを続ける励みになります。 

以下のバナーをクリックいただけるととてもうれしいです。よろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ

 

リフレックスの離脱症状 その2

訪問いただきましてありがとうございます。

3年前に仮面うつ病発症、2年前に非定型歯痛を発症しました。

このブログは過去を振り返りつつ書いています。

 

2016年11月のブログで、リフレックス離脱症状について記事を書きました。やめたとたん離脱症状(吐き気)に苦しめられ、断薬に向けてのペースをゆっくりにすると宣言しました。

 

umejinntann.hatenablog.com

 

あれから4か月後の現在(2017年3月末)

今日で44日間薬を飲んでいません。

 

初め薬を細かく割って減薬を進めていましたがうまくいかず、薬(半錠)を飲む間隔を大きくしていきました。

1日おき、2日おき、3日おき・・・・。

先生からは自由にすればいいと言われていたので本当に自分の体調と相談の上試行錯誤の日々でした。

 

今現在も時々吐き気があります。

けれど頻度は少なくなっていますし、なんとか頑張って乗り越えています。

頑張りすぎた日や疲れた日、朝に吐き気を感じます。

吐き気があるとき、離脱症状だ、どうしようと思うのではなく体が疲れているからしょうがないと受け入れるようにしています。

 

非定型歯痛治療にも区切りをつけ(2016年4月)、今後このブログは断薬に向けての取り組みについて書いていきます。

2016年4月の時点で私が飲んでいた薬は

ワイパックス(0.5ミリ)

リフレックス(3錠)

です。

どちらも今は飲んでいません。

 

減薬のカテゴリ―を作り、そちらに記事を書いていきます。

 

ブログを続ける励みになります。 

以下のバナーをクリックいただけるととてもうれしいです。よろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ

 

完璧な体調を求めない~うつ発病24か月

訪問いただきましてありがとうございます。

このブログは過去を振り返りつつ書いています。

仮面うつ病回復後、今度は非定型歯痛になりました。

 

2016年4月の記録です。

毎日の体調を日記に記していましたが、記録をやめました。

 

 その後、痛みが強い日もありましたが、体調が良かった日が多かったです。痛みが続いた日ははちょうど新学期前でした。

この時期は子供がらみの行事が多い時です。(懇談会、役員等)

環境の変化を前に心配になって歯痛があるんだろうな・・・と理由づけしてしまうとうまく痛みが強い日を乗り越えられるようになりました。

 そもそも、吐き気が強く出始めた(仮面うつ病)のも歯の痛みがとれなくなった(非定型歯痛)のも、春の季節でした。

授業参観、運動会、何かと学校に出向くことが多い4~5月ですが、上の子は他の子に比べてかなり幼く、遅れを取ることが多々でその様子を見るのが苦痛です。

 

 痛みが強い日もありますが、何日も続きません。

 必ず落ち着きます。

 それが分かっているので痛みがでても以前のように不安に襲われることはなくなりました。

 

正直、今でも時々歯痛はあります。

でも、あまり気にはなりません。

100%、痛みをとる ということに重きを置いてしまうと薬を増量する一方になってしまう。

完璧な体を求めない。

若くはないのだから、体調に波があるのは当たり前。

ストレスに弱い自分の体を受け入れることが大切だと思います。

 

非定型歯痛の治療を始めて約1年。

治療に区切りをつけることにしました。

翌月より減薬を始めます。

f:id:umejinntann:20170326195637j:image

ブログを続ける励みになります。 

以下のバナーをクリックいただけるととてもうれしいです。よろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ